未分類

出店の金魚の持ち帰り方と水槽がないときにやる最低限の準備

お祭りに行ったら金魚を連れてきちゃった・・・

水槽も餌も何もないのに・・・

という想定外のことが起きている方必見の、出店の金魚の育て方をお伝えします。

 

金魚すくいから帰宅までに注意すること

 

もしかしたら、こちらの記事を拝見している頃には帰宅されて「もう遅いよ」と思ってる方もいるかもしれませんが、これからお祭りへ行かれる方のために、金魚すくいの心得をお伝えします。

 

弱っている金魚を選ばない

弱っている金魚は動きも鈍く、初心者でもすくいやすい状態にあります。

弱っていると金魚についている寄生虫やバクテリアが増殖し、ますます弱ってしまうんです。

金魚すくいでは元気に飛び跳ねている金魚を選びましょう!

 

金魚を持ち帰る袋の水の量を多くする

金魚すくいですくった金魚は、ビニール袋に入れて持ち帰ることになります。

その時になるべく水を多く入れてもらうようにしましょう。

金魚は水中にある酸素を吸い込んでいます。

水の量が少ないと酸欠になってしまい弱ってしまいます。

 

金魚すくい終了後は即帰宅する

「出店の金魚は早く死ぬ」という話をみなさんもお聴きになったことがあると思います。

金魚が死んでしまう大きな原因は、ストレスなんです。

出店の金魚はお祭り会場までの移動で疲れています。

お祭り会場では隠れる場所もなく、何時間にもわたり人目にさらされています。

次から次へと水中に網を入れられ、逃れようと逃げ回ります。

そして取り上げられた金魚は、一瞬空気に触れるので瞬間的に酸欠になっているんです。

それから更にビニール袋に入れられ、狭く水量も少ないところで揺られながら家に連れて帰られるわけです。

金魚にとったら地獄のような1日なんです。

その環境から一刻も早く安全な環境に移すために、お祭りからは速攻帰りましょう!

 

金魚を揺らさずに持ち運ぶ

特に小さな子供は金魚が楽しくて、袋をつついたり、袋を振り回したりしながら歩くこともあります。

多大なストレスにさらされたあげく、袋の中でそんな状態だと、金魚は目が回ってしまうんです。

なるべく金魚を揺らさないように速やかにご帰宅下さいね。

 

金魚を家に持ち帰ったらやること

 

袋に入った金魚をお持ち帰り「これどこに置いたらいいの?」と、まず始めに皆さんは疑問に思うことでしょう。

はい、まずは袋のまま台所の蛇口にひっかけておきましょう。

そして、準備に取り掛かります。

 

金魚の仮住まいの支度

 

準備をするもの

  • バケツなどの大きな入れ物(鍋やどんぶりでも可)

 

水道水に直接金魚を入れてはいけません!

水道水には消毒のために塩素が含まれています。

実はこの塩素、人間である我々にとっては体に害は及びませんが、金魚にとっては毒なんです。

そこでカルキ抜きをしましょう。

 

カルキ抜きのやり方

本来であれば、くみ置きした水を日光の光に数日間置いたり、ホームセンターからカルキ抜き除去剤というものを購入し、水の中に入れて瞬間的にカルキを抜くというやり方があります。

今回は、突然金魚がやってきた!という設定ですので、応急処置的な方法をお伝えします。

ビタミンCの飴を水の中に入れる

ビタミンCにはカルキを中和する作用があります。

コンビニでも簡単に手に入る、ビタミンCのど飴などを代用しましょう。

 

常温の水を準備する

金魚は温度変化に弱い生き物なので、少しでも水温が変わるとびっくりして死んでしまうこともあるんです。

金魚すくいで持ち帰ってきたビニール袋の水温と同じ水温の水を準備しましょう。

水道水の水に触れ、どちらが冷たいのか必ずチェックしてください。

もし水道水の方が冷たかったらお湯を混ぜてくださいね。

 

塩分濃度0.2〜0.3パーセントの水を作る

『塩浴』とも言われていますが、金魚の病気の初期症状の治療や、体力を回復させるための方法なんです。

『塩浴』の効果は、殺菌効果や粘膜再生効果、体力の消耗を少なくしてあげることなどです。

1リットルの水に小さじ半分の塩

 

金魚の引越のやり方

 

金魚を袋からポチャンと入れてしまうと刺激が強すぎて弱ってしまうので、必ず水ならしをしましょう。

  • 金魚が入っているビニール袋を10分程、新しい水槽(バケツ)につけておく。
  • 袋の口を開けて、金魚が水槽へ自然に出て行くのを見守る。

金魚が驚かないように、少しずつ水槽の水温に近づけていくようにしましょう。

 

エサは3日間与えない

 

すぐにエサを与えると水質が悪化して、金魚が弱ってしまいます。

まだ仮住まいなので、水を浄化する機械もなく水量も少ないために水が汚れると金魚はすぐに死んでしまいます。

出店の金魚がすぐに死んでしまう原因の多くが、エサをすぐに与えてしまうこととも言われています。

エアーポンプやろ過装置などの設備が整うまで、エサを与えるのはじっと我慢しましょう。

金魚すくいのお店でエサを売っている場合もありますが、その場で購入する必要はありません。

 

まとめ

とりあえずの仮住まいが完了しました。

1~2日、金魚の様子を見ながら新しい住まい(大きい水槽)の準備に取りかかってもよいでしょう。

大きい水槽では、エアーポンプやろ過装置などの設備が必要になってきます。

また、水草を置いてあげると金魚のご飯にもなりますし、何よりも隠れる場所となるので金魚が安心できる環境になります。

金魚が1匹でしたら、どんぶりで飼うことも出来ますが、水換えは毎日行うようにしましょう。

 

リビングに金魚がいると癒やしにもなりますよね。

金魚にとっても快適な暮らしになるようにしてあげたいですね。

 

お読み下さりありがとうございました。