I Can Say:知っておくべき日本のトレンド

I Can Say:知っておくべき日本のトレンド

エキセントリックなポップカルチャーの美学に関しては、日本が最初に頭に浮かぶはずです。この国には、ファッションやストリートスタイルから、奇妙でファンキーな料理まで、提供できるものがたくさんあります。 

あなたは常に日本がテーブルにもたらすことができるものにあなたのつま先を持っています、そしてそれは国が人気のある休暇の目的地である理由の1つです。過去10年間、この国ではさまざまな傾向が出たり消えたりしています。 

これらのトレンドはポップカルチャーにさまざまな形で現れ、日本人のライフスタイルに大きな影響を与えました。奇抜さも海を越えて国境を越え、他の国々に日本が特別な理由を感じさせました。 

しかし、トレンドは一瞬で行き来します。先月の出来事が、今日の基準では正確に流行に敏感ではないことに驚かれることでしょう。 I Can Sayがお手伝いできるので、これらの開発について知らなくても大丈夫です。 

日本の街で起こっている最新のトレンドについてもっと知るためにウェブサイトをチェックしてください。 I Can Sayニュースレターに登録すると、最新の出来事に関する最新情報や最新ニュースをすぐに入手できます。 

日本のファッショントレンド

日本はトレンディでエキセントリックなファッショントレンドの本拠地です。ストリートでは、ファッションの感性を表現するために大声でカラフルな服を着ている若い世代を見ることができます。ここに、国の主流文化に影響を与えた最も象徴的なファッショントレンドのいくつかがあります:

コスプレ

アニメは日本文化の大きな部分です。この国には、世界で最もクリエイティブで最高のアニメーターが住んでおり、アニメショーで彼らが制作していることが示されています。ワンピース、ワンパンマン、ハイキュー、ナルト、進撃の巨人などがいます。 

国外の一部の人々にとって驚きとなる可能性があるのは、それが国のファッション業界にも定着していることです。 

若い世代が、お気に入りのアニメキャラクターと同じように、またはまったく同じ服を着て街を出ているのを見ることができます。さらに、人々が完全な衣装を着ている間に参加できる慣習もあります。 

コスプレは日本だけでなく、国外のニッチなコミュニティでもとてもカラフルな文化です。驚いたことに、その影響はファッション業界にも引き継がれる可能性があり、ここにとどまる可能性が最も高いです。 

カワイイ 

カワイイ文化は、その柔らかくて愛らしい美学のために、日本で最大のトレンドです。しかし、それはファッションとは何の関係もない珍しい起源の物語を持っています。 70年代初頭、カワイイは女の子が使用する細い先端のリードが付いたかわいいシャープペンシルを指します。 

これらのシャープペンシルを使用して、女の子はツールの美学に合うように、書き方をより丸く、より子供のようなストロークに変更し始めました。年月が経つにつれ、ハローキティを最前線に据えた、風変わりでキュートなキャラクターを中心としたファッション美学へと進化しました。 

女の子がパステルカラーで作られた魅力的なドレスを着始めたので、それはファッション業界の文化的現象になりました。彼らはまた、彼らの若い自分を導くために、キュートで子供のようなデザインでアクセサリーを作り始めました。なんとなく独自の生活を生み出したノスタルジックなファッショントレンドになりました。 

マトリックスモノクロ

単色のテーマについて話すとき、あなたは主にアースカラーを中心とする鈍い配色を思い浮かべるでしょう。日本は、単色の感性に派手な色を使用することで、このファッションクチュールスタイルとは異なるひねりを加えています。 

西洋文化は、日本よりもモノクロの服のスタイルに対してより厳格な見方をしています。それらは主に、ダイナミックなアンサンブルを作成するために、単一の色のさまざまな色合いで再生されます。しかし、和風のアイコンの場合、それは単にそれをカットするつもりはありません。 

マトリックスモノクロームでは、単一のコントラストシェードを使用して、スタイル全体に次元のレイヤーを追加できます。テクスチャリング、レイヤリング、クラシックカラーブロッキングなど、さまざまなスタイルがあります。モノクロームの美しさは、常にスタイリッシュであるということです。アンサンブルを際立たせる方法を見つける必要があります。

ポップでブロックの色合い

目立ち、人々の注目を集めるための最良の方法は何ですか?そこに身を置き、大胆な色だけでなく、ポップやブロックの色合いをスポーツします。 

これは、特に派手な色で、80年代のいくつかのファッション要素を取り入れた未来的な美学です。明るい色を混ぜるこのヒップでトレンディなスタイルは、あなたをあなたの快適ゾーンから連れ出すことができますが、それは決して台無しにされないスタイルです。 

これを機能させ、不快に見えないようにするための鍵は、カラーホイールのルールに従うことです。選択した色が、目を痛めない有機的な変化をすることを確認してください。さらに、複雑なパターンは配色全体から注意をそらす可能性があるため、避けてください。色をポップにするシンプルな形にこだわる。

J-pop音楽のトレンド

音楽は何千年もの間世界の歴史の一部でした。今日まで文明が始まったとき、世界は時代とともに急激に変化しています。各国の音楽トレンドが文化に大きな影響を与えているのも当然であり、日本も例外ではありません。 

J-Popや日本のポップミュージックは流行りではありません。 1960年代から数十年間、この国の音楽業界に影響を与えてきました。しかし、バンドやアーティストは何年にもわたって行き来してきました。ここにあなたが知る必要がある過去10年間の最もトレンディなアーティストのいくつかがあります:

嵐嵐

は国内で最も成功したJ-Popボーイバンドの1つです。彼らはこの業界に20年間携わっており、日本のポップカルチャーを形作った影響力のあるシングルやアルバムを12枚リリースしています。 

バンドは1999年に結成され、最初のセルフタイトルシングル「嵐」でデビューしました。彼らは2020年に無期限の休止を発表するまで音楽業界を揺るがし続けました。彼らが再び演奏するかどうかは定かではありませんが、バンドからの20年分の音楽を楽しむことができます。 

浜崎あゆみ

J-POP殿堂入りのもう一つは浜崎あゆみです。彼女のキャリアは1993年に彼女のメジャーレーベルアルバム「ASongForXX」の一部として彼女の最初のシングル「PokerFace」をリリースしたときに始まりました。

あゆみは、国内で最高の日本のソロアーティストの一人です。彼女は少なくとも30年のスティントで6000万以上のレコードを販売しました。さらに、彼女は13年連続でチャートでナンバーワンのアルバムを持っている最初のアーティストです。彼女は今日までJ-Popで積極的な役割を果たしているため、業界での彼女の業績は終わりがありません。 

このJ-Popの巨人がマドンナやドリーパートンのように成功するのを止めることはできません。 

きゃりーぱみゅぱみゅ

J-POPシーンでカワイイ文化を語るときは、きゃりーぱみゅぱみゅを忘れてはいけません。彼女の全体的な美学と音楽性は、原宿地区のカワイイとデコラの感性を具現化したものです。

彼女の音楽は国内の主流ですが、原宿ガールズのバイラルビデオのおかげで西半球でも波を起こしました。彼女は日本ではカワイイの女王と見なされており、過去10年間で世界中をツアーしてきました。

Babymetal

カワイイとメタルがうまく溶け合うとは誰も思っていませんでしたが、BabymetalはJ-Popの音楽シーンが間違っていることを証明しました。このバンドは2010年に結成され、メタルと日本のアイドルのジャンルを融合させて1つの堅実な音楽パフォーマンスを実現するというコンセプトを実現しました。 

バンドの風変わりで型にはまらない音楽へのアプローチは、若い世代に人気を博しました。彼らは過去10年間に3枚のアルバムをリリースし、日本だけでなく世界中のさまざまな国で演奏とツアーを行ってきました。 

バンドが他の同時代のバンドと違うのは、新しいオーディエンスにメタルを紹介したいという願望です。彼らは、このジャンルのような若い世代を作った金属への現代的なアプローチを取り入れようと努力しました。

AKB48

AKB48は「出会えるアイドル」をコンセプトに制作されました。これは、グループが劇場やコンサートホールで頻繁に演奏することにより、ファンとの交流を定期的に維持していることを意味します。

このグループが人気を博した理由は、東京の秋葉原に拠点を置き、劇場で公演を行っているためです。時々、ファンが一生に一度のAKB48体験をすることができるように、同時に実行するローテーショングループがあります。 

現在、グループにはチームA、チームK、チームB、チーム4、チーム8の5つのチームがあります。見たい人に応じて、グループごとにパフォーマンスをライブで確認できます。また、実習に合格すればチームの一員となるケンキュウセイというAKB48の研修生もいます。 

このグループは、そのユニークなコンセプトにより、国内で最も人気のあるJ-Popアイドルの1つです。彼らの劇場は毎日開いているので、いつでも好きなときに彼らのパフォーマンスを見ることができます。 

あたらしい 学校!

このセレクションのほとんどのJ-Popアーティストと比べると若いですが、新しい学校のリーダーズは依然としてインターネットの心を捉えることができました。日本のカワイイと臆病な文化を相殺する彼らの風変わりで気まぐれな性質は、彼らを若い世代にとってより身近なものにします。 

新しい学校のリーダーズは、Joji、NIKI、Rich Brian、その他多くのアジア系アメリカ人アーティストの名声を誇る88Risingとレコードレーベルを結んだことで、国際的なシーンでデビューしました。 

このグループは、日本のアイドルジャンルの音楽とジャズのアンダートーンのミックスを作成することに焦点を当てています。グループの女の子は若いですが、J-Popシーンから立ち上がる可能性は非常に大きいです!