注目の人物

大原櫻子と林田尚親の共演歴は?父親への印象やエピソードも紹介!

女優としてテレビドラマや映画に出演し、アーチストとして紅白にも出場経験のある美声の持ち主、大原櫻子さん。

『第23回日本映画批評家大賞』新人賞、『第56回輝く日本レコード大賞』新人賞を受賞されています。

女優と音楽の両方のジャンルでダブル受賞を果たしたなんて、とても素晴らしい才能の持ち主ですよね。

そんな大原櫻子さんの父親は、大御所ナレーターとして数々の人気番組でのナレーションを担当されている林田尚親さん。

林田さんがナレーションを務めている番組は、バラエティ番組ですと『行列のできる法律相談所』『ザ!世界仰天ニュース』『グルグルナインティンナイン』中のコーナー『ゴチになります!』などで、ニュース番組では『news every』『報道ステーション』などです。

林田さんの声を聴く日がないほどたくさんの番組のナレーションをしているんです。

実は!大原櫻子さんと林田尚親さんの美声親子の夢の共演が過去にあったのです!

父親への印象やエピソードも詳しく見ていきましょう。

大原櫻子と林田尚親の共演歴は?

大原櫻子は林田尚親がナレーションを務める、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演をしました。

番組内で、「父親は『行列』のナレーターをしている」と隠すことなく親子関係を公言したんです。

そして、大原櫻子を父親の林田尚親がナレーションするという夢の共演が!!

大原櫻子がゲスト出演した「行列」で林田尚親は娘をナレーションで紹介していた

父親が娘を紹介するって、どれだけ嬉しいことなんでしょう。

それも大原櫻子さんが17歳の時に出演されているので、その年頃の娘をもった父親だったらメロメロですよね。

ナレーションでは、「大原櫻子は新人賞を受賞し、佐藤健主演の映画でヒロイン役を演じた・・・」という内容でした。

林田さんのナレーションにも熱が入りますよね!

大原櫻子は林田尚親がナレーションする「仰天」の観覧に3回も来ていた

林田尚親さんがナレーションを務める番組は、ニュース番組からバラエティとジャンルが幅広いのですが、観覧できる番組といえばやっぱりバラエティ番組ですよね。

大原櫻子は過去に『ザ!世界仰天ニュース』を3回観覧しに来ていたとのことです。

MCの鶴瓶絵と中居正広に「親のコネで芸能界入りしたの?」と突っ込まれていましたが、そんなことはありませんよ。

大原櫻子は自分の実力でオーディションを勝ち取り、女優・歌手としてがんばっているのです。

実は大原櫻子が林田尚親とテレビで親子初共演したのは当時7歳だった

https://twitter.com/ceo_master/status/855014938967891968

 

「ナレーションをしているご縁で出演させていただきました」と林田さん、声がニヤついていますよー!笑

大原櫻子が当時7歳、林田尚親さんも現場でナレーションをするというリアルな親子共演が過去にあったのです。

当時は一般人だった大原櫻子さん、まさかデビューして父親にナレーションしてもらう日が来るなんて当時は誰も思いもしなかったでしょう。

それにしても大原櫻子さん、かわいいですね~。

大原櫻子の父親への印象やエピソードも紹介!

ナレーターの林田尚親さんを父親に持つ大原櫻子さん。

大原さんは『おしゃれカンケイ』に出演したときに、林田さんから「喉を痛めない発声方法を教えてもらっている」と言っていました。

他にも家庭では小さな頃からなにか教育を受けていたのでしょうか?

大原櫻子さんは林田尚親さんに「女優になるなら本を読みなさい」と勧められていた

大原櫻子さんは高校生の頃、「女優になりたい」と父親の林田尚親さんに言うと、林田さんは「本を読みなさい」とアドバイスされたそうです。

「セリフをよく理解してその裏にある感情までを想像するためには、普段から本を読んでないと難しいことだ」と林田さんは大原櫻子さんに伝えたそうです。

今も女優、歌手と多忙な日々を過ごす中でも、父親の林田さんから言われたことを守り、読書は続けているとのことです。

そして大原さんには4歳年上の姉がいるのですが、お姉さんは出版社で働いているので、本の話に花を咲かせることも多いのです。

大原さんは幼少期、父親である林田さんから毎晩のように読み聞かせをしてもらっていたとのこと。気付くと自然と本が好きになっていたそうです。

とても素敵な親子関係ですよね。

大原櫻子は林田尚親から発声練習を受けていた

大原櫻子さんが父の林田尚親さんに勧められてよく歌っていた曲があるんです。

それは、美空ひばりさんの『愛燦燦』や『乱れ髪』

美空ひばりさんは表現力がとても豊かな歌手だったので、父親の林田さんも勧めたのでしょう。それにしても美空ひばりさんを勧めるとは、さすが林田さんですね。

今では喉を痛めない発生方法を教えてもらっているようです。

おわりに

大原櫻子さんはナレーターである林田尚親さんの美声DNAをしっかりと受け継いでいらっしゃいますよね。

美声だけではなく、心もとても前向きで素直で周囲にも愛されるキャラの大原櫻子さん。

人との関わりを増やすこと、好きなことが見つかった時にどれだけ自分が、ハングリーでいられるか。求める先にまた求めて求めて・・・の繰り返し。その過程でたくさんのことを吸収して発信し続けることが夢に近づいていく秘訣!

大原さんはこのように語っています。

これも父親である、林田尚親さんの理解と、何よりも小さな頃から大原さんをとても大切に愛情を注いで育ててきたことの証なんでしょう。

大原櫻子さんの益々の活躍がとても楽しみですね。

そして父親の林田尚親さんとの今後の共演にも期待したいところです。

 

お読み下さりありがとうございました。