注目の人物

ゆたぼんが不登校になってユーチューバーとなった理由と夢

まずはじめに・・・『ゆたぽん』じゃなくて『ゆたぼん』ですから!

世間のみなさま、人の名前を間違えないようにね!ゆたぼんに失礼よん。

 

不登校は不幸じゃない!!

 

YouTubeで注目を集めている『ゆたぼん』がついにテレビ出演をしましたね。

日本テレビのスッキリに出演したことですっかり注目の人となった『少年革命家ゆたぼん』

その『ゆたぼん』って何者なの?って人もまだ多くいらっしゃると思います。

みなさまの疑問にお答えすべく、ひとつづつ見てみましょう。

 

『ゆたぼん』って誰?

 

『ゆたぽん』は不登校YouTuberの小学生、10歳の少年です。

小学校3年生の1学期から不登校となったのです。

あることがきっかけで不登校となり、YouTubeで『ゆたぼん』本人が不登校を発信したことがきっかけで、SNSで世間が賛否両論を繰り広げることとなったのです。

 

『ゆたぼん』が不登校となったあることとは?

 

「学校の先生が嘘をついたから・・・」

 

『ゆたぼん』はそのように言っていました。

ウソ・・・それも大人のウソ・・・

10歳の少年に心には深く傷の残る出来事だったのでしょうね。

「先生がボクを叩いたのに、叩いてないって言ったから」

要するに、子供が大人を信用することができなくなったきっかけが『学校』にあったわけです。

みなさん、どう思います?

私は、とてもかわいそうな出来事だと感じています。

 

「周りの子供たちがロボットに見える」

 

また、我々大人もハッとさせられる言葉も!

親や先生の言うことを「はい。はい。」と黙って聞いている・・・

そんな状況に疑問を感じたとのこと。

ゆたぼんが世間に認知されはじめたころは「宿題をやりたくないから」との言葉が一人歩きしました。

世間は「宿題はやらないと!」と『宿題』がキーワードとなっていました。

しかし今、ゆたぼんが言う「周りの言うことを黙って聞いている」と感じる違和感。

みなさん、どう思いますか?

みなさんは会社ではどうですか?

上司の言うこと、黙ってきいていませんか?

なぜ?

だって、指示には従うでしょ・・・

え?理由ってそれだけ?

自分の意志は?

え・・・?

 

友人が「死にたい・・・」と言っていたから

 

メディアでは『自殺』という事態になってから、私たち視聴者に情報が伝わってきますが、小学生という若さで死にたくなる出来事が近くで沢山起きているということだと私は受け止めました。

「警察は事件が起きないと動かない」

こんな言葉と同じように、「義務教育なんだから」などとわけの分からない理由で、周りの大人が子供に寄り添うことのない現代をなんとか変えていかないといけないですね。

学校が楽しいのなら話は別ですが、命をかけてまでも行く必要はないと私は思います。

 

結果『不登校』という選択をした『ゆたぼん』ですが、その後の決断もこれまた凄い!

「YouTuberになる!!」

 

『ゆたぼん』はYouTubeで何を発信している?

 

ゆたぼんのトレードマークともなった『麦わら帽子』

もしかして、ワンピースのルフィーを意識してる?

と思ったのは私だけ?笑

 

「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない!」

「親も子供が学校に行きたいと言ったら、行かせる義務はある!」

「でも子供が学校に行きたくないと行ったら、無理矢理行かせる義務はない!」

ゆたぼんはこのように発言しています。

 

ゆたぼんの夢

 

ゆたぼんはラジオのパーソナリティーになって、不登校で悩んでいる子たちに勇気を与えたいと言っています。

また、子供だけではなく、不登校の子をもつ親にも勇気を与えることとなるでしょう。

くれぐれもみなさんに誤解のないように言いますが、ゆたぽんは不登校を勧めているのではないですからね。

死んだらあかん!!

 

まとめ

 

今は時代が大きく変わろうとしています。

働き方改革という言葉からはじまり、終身雇用がオワコンとなり、個人が資産価値を高めていく時代に突入しました。

それは大人だけのことではないのです(と私は感じています)

ゆたぼんの今後に大注目ですね!

私は心から応援しますよ!

 

人生は冒険や!

とことん遊びまくろうぜ!!!