女優

志田未来の滑舌は悪い?出演作品や演技に対するファンの評価を紹介!

20代という若さでありながら20年超の女優キャリアを持つ、志田未来さん。

志田未来さんの演技力は、20代でトップクラスと言われるほどズバ抜けています。

その演技力を世に広めたのは、2005年放送のドラマ『女王の教室』や、2006年放送のドラマ『14歳の母』のように、社会現象にもなった名作であることは記憶にある方も多いでしょう。

当時12~13歳だった志田未来さんは、いじめられるシーンや出産シーンに臨むなど、リアル過ぎる演技がとても高評価でした。

演技力には定評があるのですが、一方で「滑舌が悪い」との評判や口コミもネット上ではあるようです。

それでは、『志田未来の滑舌は悪い?出演作品や演技に対するファンの評価を紹介!』と題して詳しく見てみましょう。

志田未来は滑舌が悪いの?

https://twitter.com/mirai_staff/status/1155266698313736192

いじめられて泣く演技や、感情をむき出しで叫ぶ演技を難なくこなしてしまう志田未来さん。

その素晴らしい演技力で視聴者に世界観を与えてしまうほどなのですが、その一方で「滑舌が悪い」と酷評も。

実は、志田未来さんご本人も自覚していらっしゃるようでした。

志田未来の滑舌の悪さは本人も自覚していた?

バラエティ番組に志田未来さんが出演したときに、「滑舌の悪さを改善する方法」を伝授したとありますね。

ということは、志田未来さんご本人も滑舌の悪さを悩んでいたということですよね。

志田未来の滑舌の悪さの直し方!『新聞を声に出して読む』

ご覧のように、志田未来さんは『毎日新聞を声に出して読む』という習慣をつけて、滑舌の悪さを改善されたようです。

まるでキャスターのように意識をして読むということでしょうか。

やはり毎日の習慣化は人を変化させるんですね。

私たちも変わりたいと思ったら、小さな行動の積み重ねあるのみですね!

志田未来の出演作品や演技に対するファンの評価を紹介!

https://twitter.com/asagao_2019/status/1155786104001327104

志田未来さんの破壊的な演技力で名作となったドラマも数本ありますね。

感情をむき出しにするシーンや、落ち着いて語るシーンなどでは雰囲気も違うことから評判も様々でしょう。

それでは、志田未来さんの代表作から過去の出演作品を見てみましょう。

志田未来の代表出演作品

2005年放送のドラマ『女王の教室』

2006年放送のドラマ『14歳の母』

志田未来さんといえば、『14歳の母』を思い浮かべる方も多いと思います。ですが高評価の第一歩は、2005年放送のドラマ『女王の教室』となるでしょう。

この『女王の教室』は天海祐希演じる教師に、コテンパンに責め立てられるとても強烈なドラマでした。

後に続く2006年放送の『14歳の母』へと繋ぐ、第一歩となったことでしょう。

志田未来の演技に対するファンの評価

志田未来さんが子役として活躍していたときからファンの方は、「不思議な滑舌」との表現をしていますね。「前より滑舌が良くなった」との評価もあります。

ジブリ作品の声優も担っており、作品を観た視聴者からは「エンドロール見るまで声優が分からなかった」と、声での評価も上々のようです。

声には好き嫌いもありますし、賛否両論いろいろと感想が分かれるところですよね。

おわりに

『志田未来の滑舌は悪い?出演作品や演技に対するファンの評価を紹介!』と題してお伝えしてきましたが、いかがでしょうか。

志田未来さんはご結婚されて家庭もお持ちですから、女優業との両立で上手にライフバランスを保っていらっしゃるんでしょうね。

キャリア20年超を感じさせるとても落ち着いた雰囲気で、これからも私たちファンを魅了させてくれることでしょう。

志田未来さんのこれからの活躍がますます楽しみですね。

お読み下さりありがとうございました。