テレビ番組

激レアさん|白塗り着物レスラーの名前は?プロフィールや経歴も

2019年6月22日放送のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』『白塗り着物レスラー』の女性が出演しました。

ニュースキャスターだったのに、破天荒な夫のせいで『白塗り着物レスラー』として世界的に有名になったとのこと。

実はこの『白塗り着物レスラー』さん、旦那さんに振り回される人生を送りながらも実はノリノリで超楽しんでいそう。

『激レアさん』には、いつもぶっ飛んでるゲストが出演されますが、今度は夫婦そろってかなりヤバそうな感じがしますね。

白塗り着物レスラーの名前は?

 

『激レアさん』に出演されるゲストの方は、本当に驚く経歴の持ち主の方ばかり。

今回出演される『白塗り着物レスラー』は鈴木浩子(すずきひろこ)さんです

プロレスラーになった理由や、経歴なども見ていきましょう。

鈴木浩子が白塗り着物レスラーになった理由は?

鈴木宏子さんの旦那さんはプロレスラーのKENZOさんです。

英語がとてもご堪能な鈴木浩子さん。

WWEとの契約の際に、通訳の役割をすることがありました。

そこでWWEに気に入られ、鈴木宏子さんも契約することになったのですが、ここが運命の分かれ道…

鈴木浩子さんがプロレスラーになった理由は、「契約上の勘違い」がキッカケだったそうです!

「…え?どういうこと?」って思いましたよね?(笑)

詳しく解説していきます!

鈴木浩子とWWEとの契約内容が・・・?

KENZOさんが新日本プロレスの選手となった後にアメリカへ渡りました。

妻の鈴木浩子さんもWWEと契約をすることになったのですが、自分は『通訳』としての契約と思っていた鈴木宏子さん。

実は『通訳』ではなく『女子プロレスラー』としての契約だったんです!

プロレスラーになった理由って、契約内容の勘違いってこと!?

っていうか、旦那さん…奥さんがレスラーになることを止めなかったんですね?むしろ大歓迎?笑

鈴木宏子さんとKENZOさんは、明治大学の同窓生なんです。

KENZOさんは大学時代ラグビー部に所属。そして、鈴木宏子さんも大学時代からラグビーマガジンの契約記者としてKENZOさんと面識があったのです。

大学の同窓生がきっかけの結婚って憧れちゃいますけどね。

大学時代の鈴木弘子さんは、まさか自分がプロレスラーになるとは想像もしていなかったでしょうに…

何が起きるのか分からないのが人生というものなんですね!

鈴木浩子の白塗り着物レスラーとしての活躍は?

鈴木宏子さんはWWEのディーヴァとして活躍されていました。

ところで『ディーヴァ』とは一体何のことでしょうか。

アメリカのプロレス団体が女子プロレスラーのことを『ディーヴァ』と呼んでいました。

正式にはセコンドとしてリングにつくのです。

まぁ、レスラーの恋人役というようなポジションですよね。

コスチュームも超セクシーな方々ばかりなんですよ。

その中で、鈴木宏子さんは『ゲイシャガールとしてデビューするんです。

でもいくらセコンドといっても、格闘技の経験が全くない浩子さん。

しかも舞台はアメリカ!すごい度胸としか言いようがありません!

白塗り着物レスラー鈴木浩子の経歴が波乱万丈すぎてヤバい!

実は鈴木宏子さんが注目される理由は、WWE女子プロレスラーというだけではないんです。

想像のつかない多種多様な経歴にもご注目!

白塗り着物レスラーの鈴木浩子は元アナウンサー

白塗り着物レスラーの鈴木浩子さんは1998年に明治大学卒業後、福島中央テレビへ入社してニュースキャスターをしていました。

2000年には福島中央テレビを退社され、フリーアナウンサーに転身しました。

そして2003年、鈴木建三さんとご結婚されました。

そしてそして・・・夫の鈴木建三さんは、当時勤務していた会社を退職され、新日本プロレスのプロレスラーになるのです。

英語がご堪能なのは、アナウンサーの経歴があったからなのですね。(大学時代から優秀な方だったことは間違いない!)

鈴木浩子は政治家になっていた!

アナウンサーからプロレスラー、それだけでも異色な経歴の持ち主となってしまった鈴木宏子さんは、なんと現在もっと驚くべきお立場になられていたのでした。

それは政治家!!!

2015年千葉県船橋市議会議員に無所属で立候補して初当選しているんです。

そして2019年には千葉県議会議員選挙に立候補し、船橋市選挙区から無所属でこれまた初当選!!

何度も人生の振り幅の大きい人なんでしょう。

鈴木浩子さんが政治家となった、その理由は何なのでしょうか?

実はこちらもKENZOさんが原因なんです。

明治大学の先輩がKENZOさんに市議会議員へ立候補を打診してきたことがあり話し合いの席に着いたそうです。

そして問題はその後…

「自分は政治家には向いていない。自分より向いてる人がいます。彼女です!」

KENZOさんは妻の浩子さんを推薦したんです。

実は浩子さん、アナウンサー時代から政治にすごく興味があって、内心「やりたいな」と思っていたそうです。

「じゃあ、やる!」と浩子さんも悩むことなく、地元で立候補したということなんです。

まさかここでも「KENZOさんについて行ったら自分がやることになった・・・」ということが理由となっていたんですね。

「もし選挙に負けたら、ゲイシャガールに戻ってマネージャーになる!」と裏公約を掲げていたそうですよ!

そんな鈴木浩子さんを夫のKENZOさんも全面協力しサポートされたそうです。

おわりに

今回の『激レアさん』では白塗り着物レスラーの鈴木宏子さんをお伝えしました。

鈴木宏子さんは自由奔放なKENZOさんに振り回されつつも、しっかりとご自分の足でその道を歩いてきてらっしゃいますね。

アナウンサーからプロレスラー、そして政治家へと本当に人生の振り幅の多いこと!

しかしながらしっかりと自立されて歩まれているこの姿を同じ女性として、筆者は誇らしくも思います。

これからのご夫婦でのご活躍もますます期待できそうですね。

次はどんなびっくりされることをしてしまうのでしょうか!笑

そんな期待も、筆者は密かに胸に秘めていますよ。

 

お読みくださりありがとうございました。